主人の苗字になって銀行の名前を変えて

主人の苗字になって、銀行の名前を変えてもらおうと思った時に新しい印鑑を創ることにしました。

どういう印鑑でも使えるのだから、変更しなくても良いそんな話を聞いたけど、旧姓の印鑑のままで使うのはちがうなって思っての事です。

日本で良く耳にする一般的な苗字になったので、どこにでもある同じような既成品の印鑑は少し気が引けました。

結局は買い物ついでにつくれる絵柄のついた印鑑で彫って貰いました。構えず簡単につくれるけど、特別感があって気に入っています。

ネットで実印を頼んだ時に、銀行印も合わせて買うとセット価格になるということでした。

それまでは間に合せの銀行印のような簡易なハンコを使っていて、自分の中でこれで良いかと思っていたので、この機会にいっしょにい注文することにしました。
せっかく注文するのだから、一般的な文字のたて彫りの印鑑を辞めて、よこにして貰いました。
それから、銀行印らしい吉相体を選びました。

持ちろん、アタリはなしです。
大きさは、少し大きめの12mmにしました。

おこちゃまの就職内定が決まって実印を購入することにしました。ネット検索で実印の価格や種類はどういうのがあるかを調べてみました。

印鑑といっても多くの選択肢があることに驚きました。初めに材質を選ぶのですが、象牙や耐久性のあるチタンなど、書体を選ぶと時も、何種類かあって篆書体や、隷書体、古印体などありました。

材質の違いや書体の使い分けを調べて満足のいく実印が買えました。印材は黒い水牛の角や、近年ではチタン合金など、欠けにくく高級感あるものが人気があります。

店によって、実印と銀行印を同じ材料で印のサイズと彫る文字を実印は氏名で、銀行印は苗字のみで彫り、合わせて割安価格になった商品もあります。

実印には重い意味があることを忘れず、押印する事を安易に考えないように、それなりの値段で購入した印鑑を使い、大切にあつかう習慣をも付ける一助とすべきなのです。実印の購入は、大型店に入っているはんこ屋でも購入できますし、近年ではネットで簡単に注文できるようになりました。

いつもは印鑑を新しく創るということはありませんが、苗字が変わるとき相続などで印鑑を新たに創る方もいると思います。いままでの経験上、近所の街の印鑑屋さんは店内に入るには勇気がいる感じで値段表示もわかりずらいので、サイトを探し人気があるところで購入しました。
少し急ぎだったので2~3日で手に入り助かりましたが、印鑑の文字を名前で作ろうか、印材は何にしようかなど一つ頼むにも結構悩んでしまい事前に必要になることを想定し、考えておけばよかったなぁとすごく感じました。時間のあるときに少しでも見ておくと順序よく注文できるためお奨めだと思います。私の旧姓はごくありふれた姓で、印鑑の準備を忘れていた時でもおみせがあれば置いてある姓なので、困ったことはありませんでした。ですが夫の姓めずらしく、置いているおみせを見たことがない。

身内の人を除いてこの姓の人に出会ったことがな幾らい珍しい名字で、わざわざ注文した時もうけ取りに行ったら間違っていたことがあったと夫が笑っていました。
そんな変わった姓なので、結婚してから義母が私にちょっと立派な印鑑セットを届けてくれました。
大切に使わせていただいています。

商店街にあるはんこ屋さんではんこを購入していたのですが、この頃はわりと手軽に買えるのでネットで注文し印鑑を購入するようになりました。ネットは沢山の印鑑が販売されているので印鑑屋さんで印鑑を捜すよりも自分の好みの印鑑を見つけることが出来るのです。

こちらの希望どうりに苗字や名前を入れてくれるので安心してネットで印鑑を買うことが出来ます。

はんこ屋さんの営業時間に合わせて行く面倒もいらないし、印鑑はネットで手に入れることが多くなりました。
長年つかっていた印鑑の端が少しかけてしまったので、購入し新しくしました。
かけている印鑑は良くないという話を聞いたからです。

せっかくなので苗字ではなく下の名前を入れたものをつくりました。

私の名前の漢字が見た感じが気に入っているからです。
使っていた銀行の印鑑の変更など、面倒なこともありましたが、この際に使っていない口座などを解約して、気になっていたことをすっきり指せることができました。

使わずにしまっていたクレジットカードも解約したので、印鑑を新しくしたということで大事な通帳や書類の整理ができるきっかけになりました。

成人した私に母が、苗字ではなく下の名前の印鑑をプレゼントしてくれました。

象牙という素材でできたもので、思うに、高価な物に違いないでしょう。銀行の届出印として使用していますが、天国にいった母のことを感謝しながら思い出します。

私にもおこちゃまができ、名前には親の思いが込められた最初のプレゼントだと感じるようになり、さらにその思い出ある印鑑が大事に感じるようになりました。我が子が成人したら、私も心のこもった印鑑を手渡すつもりです。ハンコには実印と三文判がありますが、三文判が家には予想外にありました。

初めに購入したものは夫と私分の二つだったのですが、どうしてなのかいつの間にか増えていったのです。ある時は記念品として贈られたり、またある時は親戚から貰ったりしてだんだんと増えていきました。とはいえそんなにたくさんあってもどう使えばよいのか、そんな事情があったとしても印鑑をゴミにするというのは気が引けます。出番のない印鑑を捨てるには、何か良い方法があればと思います。

よく読まれてるサイト:実印の値段とネット通販の相場